ISO 45001(労働安全衛生)

認証サービス
ISO 45001(労働安全衛生)

労働安全衛生マネジメントシステム

OHSMS(Occupational health and safety management system)
ISO 45001:2018(JIS Q 45001:2018)/OHSAS 18001

組織は、事業場で働く人や組織の活動によって影響を受ける人々の労働安全衛生に対する責任を負っています。この責任には、心身の健康を推進し保護することも含まれます。労働安全衛生マネジメントシステムの導入の目的は、組織が安全で健康的な職場を提供できるように、労働に関係する負傷及び疾病を防止し、労働安全衛生パフォーマンスを継続的に改善できるようにすることです。システムの運用により、効果的な予防方策や保護方策を取ることによって危険源を除去し、労働安全衛生リスクを最小化することができます。労働安全衛生マネジメントシステムの導入により働く人びとの安全・安心を実現することは、経営目標の達成や事業存続の基本条件となります。

労働安全衛生マネジメントシステムの分野では、OHSAS 18001をはじめ、厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」や中央労働災害防止協会、建設業労働災害防止協会のガイドラインなどがあります。 ISO 45001は、新しい労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格で、現行のOHSAS 18001に置き換わるものです。品質のISO 9001:2015や環境の14001:2015などと共通の規格構成や用語の定義が採用されています。従って、既にこれらのISOマネジメントシステムを導入している組織には取り組みやすい規格であり労働安全衛生を含む統合マネジメントシステムを比較的容易に構築することができます。

MSAでは、ISO 45001の初回認証審査とともに、OHSAS 18001からISO 45001への移行審査を行っています。 移行期間は、ISO 45001発行日の2018年3月12日から3年後の2021年3月11日までですが、移行審査の実施は基本的に2020年12月までとなります。なお、OHSAS 18001の初回認証審査につきましては、2020年3月まで受け付けています。

労働安全衛生マネジメントシステムの主な規格について

労働安全衛生マネジメントシステムの主な規格には次のようなものがあります。

ISO 45001:2018(JIS Q 45001:2018)

<労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引>

JIS Q 45100:2018

<労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引-安全衛生活動などに対する追加要求事項>

OHSAS18001:2007

<労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項>

OHSAS18002:2008

<労働安全衛生マネジメントシステム-OHSAS18001:2007実施のための指針>

お見積り、認証取得、お問い合わせはこちら

03-3456-6370受付時間 平日 9:00~17:00

お問い合わせ 資料請求