ISO 55001(アセット)

認証・検証サービス
ISO 55001(アセット)

アセットマネジメントシステム

Asset Management System (ISO 55001:2014)

近年、先進国においては社会インフラの老朽化とその維持管理が大きな課題となっています。例えば道路、橋梁、トンネル、空港、港湾、上下水道施設やファシリティーとしての学校、病院、プラントなどは、損傷や劣化が軽微な段階で適切な維持・補修を行うことにより長寿命化、ライフサイクルコストの低減が期待できます。しかし、短期的コストの低減のため維持補修を先送りすれば将来世代が膨大な維持補修費用を負担することになります。

ISO 55001は、組織がもつアセットを、コストとリスクとパフォーマンスの3つのバランスを考慮し、そのライフサイクル期間で最大の資産価値を生み出すことを目的として制定されたアセットマネジメントの国際規格です。

なお、ISO 55000シリーズの主な規格には次のようなものがあります。

  • ISO 55000:アセットマネジメント-概要、原則及び用語
  • ISO 55001:アセットマネジメント-マネジメントシステム-要求事項
  • ISO 55002:アセットマネジメント-マネジメントシステム- ISO 55001の適用のためのガイドライン

ISO 55001の概要

この資産価値の最大化を実現するために、ISO 55001規格は次のような要件を満たしたアセットマネジメントシステムの構築と運用を求めています。

①組織全体の方針・目的を確立し、現場レベルでのPDCAと整合されたマネジメントシステムであること。

②戦略的アセットマネジメント計画を策定し、その計画に従って実施レベルでのアセット管理計画を策定すること。

③組織全体のPDCAを上手く回していくための支援の仕組みをつくること。

④システムとして、継続的な改善を計画し実施すること。

認証分野カテゴリー

カテゴリー
5 運輸
6 一般公共インフラ
7 ユーティリティ
8 施設
9 情報技術、電気通信

導入に期待される効果

ISO 55001の導入により、次のような効果が期待されます。

  • 資産管理の改善、効率化、高度化
  • アセット管理に関する第三者説明能力の強化
  • インフラの包括委託管理を請け負う事業やPFI事業への参画への有利性
  • インフラ、プラントの海外輸出の促進

ISO 55001にでてくる代表的な用語

用語の定義は、ISO 55000(概要、原則、用語)より抜粋しています。

アセット:
組織にとって潜在的にあるいは実際に価値を有するもの(価値は有形/無形のもの、金銭的/非金銭的なものがある。)

アセットマネジメント方針:
組織目的、組織目標に沿ったアセットマネジメント分野での方針

アセットマネジメント目標:
アセットマネジメント方針に沿った具体的なアセットマネジメント分野での目標

アセットマネジメント計画:
アセットマネジメント目標を達成するための、施設の管理、設置、改築などの活動や資源の計画

アセットの例
  • 道路道 路
  • 港湾港 湾
  • 空港空 港
  • 下水処理場下水処理場
  • 建物建 物
  • 学校学 校
  • 病院病 院
  • プラントプラント

アセットマネジメントシステムのPDCAサイクル

アセットマネジメントシステムのPDCAサイクル

審査認証の基本的な流れ

審査認証の基本的な流れ