MSAの審査認証

認証・検証サービス
MSAの審査認証
審査認証手続きの流れ

審査認証手続きの流れ

以下は製造業、サービス業、行政機関に限らず、全ての組織に当てはまるものです。

審査認証手続きの流れ

*1 認証の申請を受理しない場合は、その理由を文書で通知します。

*2 認証が決定されるとMSAの認証マークが発行され、MSAの規定に従って認証の表明に使えるようになります。また、規定に従ってMSAの名称も認証の引用に使えます。

*3 被認証組織から認証範囲の拡大が申請された場合は、その内容を確認し必要であれば審査を行い判定委員会/認証決定会議で決定し、認証範囲を拡大します。

*4 認証の一時停止、一時停止の解除、取り消し、縮小
(一時停止)
認証に関する要求事項に対して、常態化した又は重大な不適合がある場合や、予定された審査が実施されない場合等は、判定委員会/認証決定会議で認証の一時停止を決定します。

(一時停止の解除)
一時停止期間中に認証の一時停止の事由が解消されたと判断した場合は、一時停止を解除します。一時停止の事由が解消されたか否かを確認する為に審査を実施することがあります。必要に応じて判定委員会/認証決定会議で認証の一時停止の解除を決定します。

(取り消し)
一時停止の期限を越えても一時停止が解消されない場合や、正当な理由がある場合等は、判定委員会/認証決定会議で認証の取り消しを決定します。また、被認証組織は、申請することにより、認証を取り消すことが出来ます。

(認証範囲の縮小)
認証要求事項について常態化した又は重大な不適合があった場合は、必要な調査を行い要求事項に適合しないこれらの部分を除外するために、判定委員会/認証決定会議で決定し依頼者の認証範囲を縮小します。